車・バイク・乗り物全般

7コメント
1: アイアンクロー(千葉県) 2013/08/02(金) 22:38:03.06 ID:u5ZQ0jTO0 BE:708498667-PLT(12001) ポイント特典
トヨタ自動車が2013年3月、ジュネーブモーターショー13で初公開した『FT-86オープンコンセプト』。この『86』のオープン版の開発計画が、中止されたとの情報が舞い込んできた。

これは7月29日、米国の有力自動車メディア、『オートモーティブニュース』に掲載されたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、近い将来のトヨタの新型車計画を伝えている。

この中で、同メディアは、「サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のコンバーチブルは、市販化に向けた検討が重ねられてきた。しかし、トヨタは市販化を断念したようだ」と報じたのだ。

ジュネーブモーターショー13で初公開されたFT-86オープンコンセプトは、86のオープンモデルを示唆したコンセプトカー。外観はクーペボディの86を基本としながら、オープン化に伴い、フロントのウインドシールドを専用設計。
電動ソフトトップを採用する。また、リアシートを残し、4シーターオープンとしたのも特徴。

このFT-86オープンコンセプトの開発計画が、中止されたとすれば、その理由は何なのか。同メディアは、「販売台数が限られるため、開発コストに見合わないことが理由」とレポートしている。

no title

http://response.jp/article/2013/08/02/203578.html

【この記事の続きを読む】

0コメント
1: 垂直落下式DDT(庭) 2013/08/01(木) 13:03:56.41 ID:xsnVuncQP BE:3679134269-PLT(14000) ポイント特典
カワサキは、空冷バーチカルツインエンジンを搭載し、ノスタルジックな風合いで人気を集めるW800のニューカラーを発表した。加えて、特別仕様車として、ブラックボティにオレンジラインをあしらったスペシャルエディションも発表。
いずれも9月1日から発売される。

no title

no title

http://news.bikebros.co.jp/model/news20130801/

【この記事の続きを読む】

4コメント
1: 腕ひしぎ十字固め(千葉県) 2013/08/01(木) 21:00:00.77 ID:hSEC5d1d0 BE:809712768-PLT(12001) ポイント特典
軽スーパー7

ベストカー7月26日売り号に「んんんっ!」の記事が出ている。何でもケーターハムはスズキの軽自動車用ターボエンジンを搭載した軽規格のスーパー7を開発しており、年内に発売するという。まぁジャスティンさん(日本でケーターハムを売っている日本語堪能なイギリス人)なら十分やっちゃいそうだ。

ジャ スティンさんがスーパー7を売り始めてから急激に日本での売れ行きは伸びている。ケーターハムからすれば「少し話を聞いてみよう」なんだろう。そもそも スーパー7の全長は3100mmで軽自動車のワク内。全幅1575mmで1480mmの軽自動車ワクに収めようとしたら、左右48mmずつ狭めればOK。

ま た、スーパー7は横幅はボディでなくサスペンションアームの長さで決まっている。少し幅の狭いタイヤを履かせるだけで大きな改造無く軽自動車対応できると いうものだ。加えて車重は500kgを切るというから、90馬力程度の軽自動車エンジンでも乗員を合わせたパワーウエイトレシオは6kg/ps!

今 の日本の道路環境ならちょうどよいと思う。タイヤを細くすれば限界も低くなって楽しめる。想像しただけで乗りたくなっちゃいます。何より軽自動車ならラン ニングコストが低いため、セカンドカーとして長く乗っていてもオサイフへの負担が少ない。価格も300万円を切るべく頑張っているそうな。

ラ リーを止めたらエリーゼを買おうと思っていたけれど、軽自動車のスーパー7も大いに魅力的。こうなると気になるのがホンダの軽スポーツ。スーパー7の魅力 を超えられるだろうか? クルマ好きのオヤヂ達はスーパー7に乗っちゃいそう。ホンダは若いクルマ好きに支持されるクルマ作りをしたらいい。 

no title

no title

no title

http://kunisawa.txt-nifty.com/kuni/2013/08/post-54a8.html

【この記事の続きを読む】

0コメント
1: 腕ひしぎ十字固め(千葉県) 2013/08/01(木) 20:35:51.25 ID:hSEC5d1d0 BE:101214623-PLT(12001) ポイント特典
一般社団法人 日本自動車工業会は、11月23日に一般公開が始まる第43回東京モーターショー2013の前売入場券と、一足早く会場を観て回ることができるプレビュー・ナイト入場券のオンラインチケット販売を、8月1日(木)より開始する。

トヨタの初代「クラウン」が発売される前年、1954年4月に第1回目が開催された「全日本東京自動車ショウ」から数えると43回目となる今回の東京モーターショー。2011年と同じ東京都江東区有明の東京ビッグサイトを会場とし、国内全ての乗用車、商用車、二輪車メーカー14社・15ブランド、そして海外から乗用車・商用車部門には前回を上回る18ブランドが参加するという

no title

no title

http://jp.autoblog.com/2013/07/31/the-43rd-tokyo-motor-show-2013-advance-tickets-go-on-sale-august-1/#continued

【この記事の続きを読む】

8コメント
585261
1: 魔神風車固め(千葉県) 2013/07/31(水) 21:49:08.12 ID:TiLxAUqS0 BE:1366389599-PLT(12001) ポイント特典
トヨタ『アクア』を抜いて燃費のトップランナーとなる見通しの次期ホンダ『フィットハイブリッド』。
6月には『アコードハイブリッド』でトヨタ『カムリ』を抜き、ミドルクラスセダンの燃費トップを獲るなど、ホンダがハイブリッドカー攻勢を強めている。

◆焦燥の見られない豊田社長に対し、危機感漂う開発現場

ハイブリッドカー市場で圧倒的な支配力を維持してきたトヨタは、この攻勢をどう受け止めているのだろうか。
豊田章男社長は「これまで500万台のハイブリッドカーを作ってきたなかで積んできた経験が我々にはある。」と、余裕を見せる。

が、ハイブリッドカーを作る開発現場は、ピリピリとした空気に包まれているという。
これまでもライバルがトヨタのハイブリッドを上回る燃費性能のクルマを出すことは時々あったが、すぐに圧倒的な差をつけて抜き返すことができていた。
が、今回ホンダが出してきた性能は、そのトヨタにとっても一蹴できるようなものではないという。トヨタは果たして、ふたたびトップランナーのポジションに返り咲けるのか。

難敵となりそうなのは、燃費の新トップランナーとなるフィットハイブリッドではなく、ミドルクラスナンバーワンの座をカムリハイブリッドから奪っていったアコードのほうだという。

「THS IIでアコードハイブリッドを上回るのはかなり難しい。ホンダさんのシステムが何より優れているのは電動部分のエネルギーロスの少なさ。本格的に対抗するには、次世代のシステムが必要かも」(トヨタのエンジニア)

トヨタは、エンジンと発電機、駆動用モーターの使い分けの自由度が高い、遊星ギアを用いた動力分割機構を使い続けてきたが、その動力分割機構に大幅な改良を加えた次世代ユニットを開発中だ。
今のシステムでは発電機と駆動用モーターが必ず両方回っていなければならず、熱損失や遊星ギア部分の抵抗が少なからずあった。
次世代機は駆動用モーターや発電機と動力分割機構の間にクラッチを設け、1個のモーターだけで走行可能という方式が有力。が、そのシステムの登場にはあと2年ほどかかるものとみられる。

ハイブリッドカーの競争は当面、トヨタとホンダの戦いを頂点として繰り広げられることになるだろう。

http://response.jp/article/2013/07/31/203363.html

【この記事の続きを読む】

2コメント
1: 魔神風車固め(千葉県) 2013/07/31(水) 22:22:29.84 ID:TiLxAUqS0 BE:303642263-PLT(12001) ポイント特典
フィットSUVは11月発売が濃厚、1.5Lハイブリッド搭載のHR-V後継車

ホンダでは新型フィットの9月発売に向けての準備が進められている。既に新型フィットのエクステリア画像が公開され、ハイブリッドモデルのJC08モード燃費が36.4km/Lに達することが発表された。
さらに、この新型フィットはSUVスタイルの派生車も計画されており、この発売日は2013年12月ということであった。これが11月発売に早まることが日経新聞によって報じられた。
やはり、11月に開催される東京モーターショーに間に合うようにスケジューリングされたようである。

この新型フィットがベースのコンパクトSUVは、フィットSUVとして呼ばれることが多いが、正式名称は未定。新型フィットと多くのパーツが共通となる。
過去のホンダ車の中ではHR-VがコンパクトSUVとしてラインアップしていたが、このHR-Vの後継車という側面もある。

フィットSUVはハイブリッドエンジン搭載モデルがラインアップする見込みで、新型フィットと同じ新開発システムが採用される。
ホンダが新開発した小型車向けのハイブリッドエンジンは、従来型の1.3Lから新型では1.5Lへと排気量がアップしており、車体重量増となるSUVボディにも対応できる。

フィットSUVは新型フィットと同じく、操業開始したばかりの埼玉製作所寄居工場において生産される。最新鋭の設備が導入された同工場は、これまでにない高い生産効率により大幅なコストダウンが可能となった。
次期フィットハイブリッドに高価なリチウムイオンバッテリーが採用できるのも、その効果の現れではないかと考える。もちろんフィットSUVハイブリッドもリチウムイオンバッテリーが搭載されることになるだろう。

no title

no title

http://car-research.jp/honda/fit-suv-4.html
【この記事の続きを読む】

12コメント
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 21:25:16.01 ID:NIFO149P0
格好良いよね
no title

no title

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 21:25:46.70 ID:txRcrgzH0
教習車になってるわ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 21:26:00.93 ID:BbzxofnU0
お前ひげ濃いな

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/30(火) 21:26:21.59 ID:PHmL70wxO
初代が一番好き

【この記事の続きを読む】

1コメント
img_1533633_63340389_0
1: 逆落とし(埼玉県) 2013/07/30(火) 00:23:10.87 ID:y8vxQPttP BE:1551085092-PLT(12001) ポイント特典
マニュアル車好きな男が勘違いしている恋愛マニュアル5パターン

最近男性もオートマ限定免許を取得する人が増えています。でもやっぱり男性にはマニュアル免許を取って欲しいなぁと女子は思うんですよ・・・。それは、なぜだと思います??

マニュアル車好きな男子は『それはもう断然カッコいいからでしょ!?」って答えちゃうんじゃないですか??なんかそれって恋愛とちょっと似てたりしちゃうんですよね~。そんなマニュアル車好きな男が勘違いしている恋愛マニュアル5パターンとは??

●運転上手をアピールしすぎている。
・クルクルクルクルハンドルを切るのがムカつく。(23・受付)
・無駄にアイドリングしたり急発進したりする。(28・アパレル)
・自分をレーサーかなんかだと思い込んでいるように見える。(24・歯科助手)

●ドライバーグッズの趣味が悪い。
・変なグローブをしてる。(27・公務員)
・似合わないサングラスをかけてる。(22・大学生)
・車内がなんかダサい。(25・フリーター)

●チョイ悪がカッコいいと思い込んでいる。
・カーブで走り屋みたいなことをする。(18・専門学生)
・急発進急停車されると嫌になる~。(26・美容師)
・マフラーの音がウルサイ!!(23・書店員)

●バックする時がカッコいいと思い込んでいる。
・一発で駐車できた時のしたり顔がイヤだ。(24・塾講師)
・助手席に手を回すのがなんかエロい。(22・フリーター)
・カッコよかったか聞いてくるのがウザい。(19・ショップ店員)

http://news.mynavi.jp/news/2013/07/29/178/index.html

12: シャイニングウィザード(内モンゴル自治区) 2013/07/30(火) 00:33:00.77 ID:VacEKIXI0
これ半数以上MT車の事とは関係ないだろ

4: 中年'sリフト(千葉県) 2013/07/30(火) 00:25:06.96 ID:xpeO8zp+0
>>1
10代だとあるだろうな、黒歴史

【この記事の続きを読む】

0コメント
1: 不知火(千葉県) 2013/07/30(火) 20:40:44.47 ID:pBhYkWMD0 BE:168690252-PLT(12001) ポイント特典
BMW「i」の第一弾、i3 発表…新世代のEV&PHV

BMWグループは7月29日、電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」の市販第一号車、『i3』を、ニューヨーク、ロンドン、北京の3都市で同時初公開した。i3のボディサイズは全長3999mm、ホイールベース2570mm。車両重量は1195kgで、BMWによると、コンパクトセグメントで最軽量だという。これは、パッセンジャーセル部分にカーボンファイバー、シャシーにアルミを使うなど、軽量化に取り組んだ効果。

パワートレインは、EV。モーターは最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを引き出す。モーターはリアアクスルに搭載し、後輪を駆動する。前後重量バランスは50対50と理想的。このあたりは、BMWらしい部分といえる。

動力性能は、0-60km/h加速が3.7秒、0-100km/h加速が7.2秒。最高速はリミッターにより、150km/hに制限される。二次電池は、蓄電容量22kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大160kmを走行可能。充電は約8時間で、急速チャージャーを使えば80%の容量を約30分で充電できる。

i3には、パワートレインのオプションとして、プラグインハイブリッド(PHV)も設定。i3のPHVは、発電専用のエンジンを搭載した、いわゆる「レンジエクステンダー」。レンジエクステンダーとは、基本をモーターで走行するEVとし、バッテリー残量が少なくなると、発電専用のエンジンを始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。

i3のPHVでは、最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを発生するモーターの上に、発電専用の排気量650ccの2気筒ガソリンエンジン(最大出力34ps)をレイアウト。最大で、およそ300km程度の航続距離を実現する。

i3は2013年11月、ドイツをはじめ、欧州主要国で発売。2014年前半には、米国、中国、日本など、世界市場に投入される。ドイツでのベース価格は、3万4950ユーロ(約450万円)と公表されている。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://response.jp/article/2013/07/30/203175.html 
【この記事の続きを読む】

4コメント
imgb3b6d396zik9zj
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 16:28:06.87 ID:EGxitcVQ0
あるなら4WDのデミオ買う

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 16:29:05.00 ID:sNU5MHCw0
前輪が溝にはまったとき

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 16:29:07.93 ID:QoGw4+W90
雪道

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 16:30:20.97 ID:NjgKgdmj0
雪積もる地域なら4WDだな

【この記事の続きを読む】

このページのトップヘ