車・バイク・乗り物全般

1コメント
1: ボマイェ(秋田県) 2013/09/08(日) 18:46:20.35 ID:A0b4tQl90 BE:1904661959-PLT(12001) ポイント特典
トヨタ自動車は8月、高級セダンハイブリッド車(HV)「SAI(サイ)」を大幅改良して発売した。ガソリン1リットル当たりの走行距離を22.4キロまで改善し、燃費性能を高めたのも特長だが、新型サイの最大の特長は何といっても「かっ飛んだ」デザインだ。印象的な横長ランプや高級感あふれるインテリアなどデザインを刷新した。「サイを大人がモテるための武器にする」と豪語するのが、初代モデルからサイの開発責任者を務める製品企画本部ZC主査に加藤亨氏に、サイに込めた思いを聞いた。

 -「かっ飛んだ」に込めた思いは

 「デザインの先進性をとことん突き詰めてほしいというつもりでいった。私からはあまり細かく指示を出さず、『とにかく任せるからやりたいことを全部やろう』って」

no title

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130908/fnc13090818000003-n1.htm

【この記事の続きを読む】

8コメント
1: フォーク攻撃(岡山県) 2013/09/02(月) 20:48:02.03 ID:XB2ckH5l0 BE:1743894645-PLT(12001) ポイント特典
キャンピングカーで「車上生活」を送る人々とそのライフスタイルとは?

キャンピングカーの1996年式ウィネベーゴ・リアルタに手を入れ、家と呼べるレベルにまで改造してしまったのは、サンフランシスコ在住のTynan Smith(タイナン・スミス)さん。ブログプラットフォーム「SETT」を運営する企業の設立者です。

現在32歳のTynanさんは2006年からキャンピングカーでの生活を始め、このリアルタが2台目の「住居」となっています。天井には太陽光発電装置が装備され、星条旗も誇らしげ。

no title

http://gigazine.net/news/20130902-living-in-rv/
【この記事の続きを読む】

3コメント
1: 名無し募集中。。。 2013/09/05(木) 20:50:54.56 P
カタログ詐欺だよな?

2: 名無し募集中。。。 2013/09/05(木) 20:52:56.72 0
乗員は1人とか

3: 名無し募集中。。。 2013/09/05(木) 20:54:38.99 0
ハイブリッドの価格分を燃料代で回収するのは無理

【この記事の続きを読む】

2コメント
1: ブラディサンデー(秋田県) 2013/09/04(水) 07:47:31.04 ID:m3g7ulEf0 BE:3047458098-PLT(12001) ポイント特典
アウディ ジャパンは3日、新型「Audi A3 Sportback」記者発表会を実施した。ゲストに女優の木村佳乃さんが登場し、同車に搭載された新システム「Audi connect」を体験した。

no title

http://news.mynavi.jp/news/2013/09/04/017/index.html
【この記事の続きを読む】

0コメント
1: 稲妻レッグラリアット(catv?) 2013/08/30(金) 17:26:24.70 ID:My+tSSTT0 BE:66948274-PLT(12000) ポイント特典
2代目を最後に日本から姿を消して久しい日産のSUV、「テラノ(TERRANO)」。

北米など海外では「パスファインダー」として2012年に4代目となり、プラットフォームはクロスオーバーSUVの「ムラーノ(MURANO)」の物を流用、フレームを廃したモノコック構造となって現在も販売されています。

NISSAN_PathfinderNISSAN_Pathfinder

その「テラノ」が8月20日、モデルチェンジされて復活、インドで初公開されました。


新型はルノーのSUV「ダスター」をベースに仕立てられており、高級感をプラス。

9月1日から受注開始予定で、チェンナイ郊外の工場で生産、10月に発売となる模様。車両価格は最廉価グレードが100万ルピー(約154万円)未満の設定とか。

ロイターによると、インドの自動車市場は年初から低迷しているものの、SUVの需要が堅調で、日産は低価格なSUVを武器にインド市場進出を図る計画と言います。

NISSAN_Terrano_2014NISSAN_Terrano_2014

インドの小型SUV市場はここ数年で大きく成長する気配をみせている模様。

米国や新興国をはじめ、世界的にSUVが人気を博す中、日本でもかつて人気が高かったプレミアムSUV、「ハリアー」のニューモデルが2013年11月13日に復活する予定。

新型「テラノ」は154万円という低価格帯から推測してインド等の新興国向けモデルの可能性が高そうですが、日産は他にも「パスファインダー」や、「ローグ」などを海外でラインナップしており、いざとなれば日本への導入も可能と予測。

no title

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=nHNUfY3eKR0


http://clicccar.com/2013/08/27/228874/
【この記事の続きを読む】

0コメント
1: ムーンサルトプレス(チベット自治区) 2013/08/27(火) 15:45:04.49 ID:RYDciYf+0 BE:292957834-BRZ(10001) ポイント特典
24時間以内!大阪-東京550キロ、自転車で走破「キャノンボール」…絶対条件は交通ルール順守

no title

自転車版「キャノンボール」で、石井瑞樹さんが走ったルート。24時間を切る22時間34分で走破した

近年のサイクリングブームの高まりとともに、自転車で東京-大阪間の約550キロを24時間以内に走破する「キャノンボール」が愛好家の間で話題になっている。米大陸横断のカーレースを描いた大ヒット映画のタイトルにちなみ、数年前に一人の愛好家がインターネット掲示板上で挑戦を表明したことが発祥とされる。映画と違って交通ルール順守が鉄則といい、達成者たちも「法律やルールを守って挑戦してほしい」と呼びかけている。

タイムは22時間34分
「達成した瞬間は充実感でいっぱい。1日走り続けた疲れも吹っ飛びました」

昨年10月6日午後10時35分ごろ、1台の自転車が東京・日本橋に到着した。サイクルジャージーにヘルメット姿の名古屋大3年、石井瑞樹さん(21)。6日午前0時ごろに大阪・梅田を出発し、22時間34分で約550キロを走り抜
いた。

キャノンボールは平成18年ごろ、愛好家がネット上の掲示板で「東京-大阪間を1日で走る」と書き込んだことが始まりとされる。その後、挑戦者が次々と現れ、現在は走行ルートなどを紹介するサイトやブログが確認できるだけでも10個以上開設されている。

キャノンボールは、道路交通法を絶対に守るのが鉄則だ。国道1号の東京・日本橋-大阪・梅田新道交差点間を走行。どちらから出発してもよく、スタートとゴール地点さえ守ればルートは自由-が基本ルールとされている。

最大の難関は「箱根峠」
石井さんは大学時代にサイクリング部に入部して自転車競技を始め、部の力試しの基準だった名古屋-東京間も走行。自信をつけていた2年のとき、友人からキャノンボールのことを聞き、「自分はまだまだだと衝撃を受けた。絶対に挑戦してやろうと思った」。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130827/wlf13082712540023-n1.htm
【この記事の続きを読む】

11コメント
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:15:44.92 ID:9QkdK2RZ0
今まで全く興味なかったけど
半端じゃない技術だな

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:17:47.23 ID:NRKp6Uzj0

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:20:54.60 ID:QgumUrCW0

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30(金) 09:23:08.09 ID:7/6KJbdK0

【この記事の続きを読む】

3コメント
1: フェイスクラッシャー(芋) 2013/08/29(木) 22:02:01.12 ID:P1NCBcb80 BE:95640858-PLT(12000) ポイント特典
【タイ】三菱自動車のタイの生産販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドは28日、乗用車「ランサーEX」の
新モデルを発売した。排気量1・8リットルと2リットルで、販売価格は79万9000―105万4000バーツ。

no title

【この記事の続きを読む】

7コメント
1: レッドインク(東日本) 2013/08/30(金) 12:32:54.27 ID:nSvwS1/o0 BE:2450322274-PLT(12000) ポイント特典
HVセダン「SAI」デザイン一新 トヨタ、値下げも

トヨタ自動車は29日、ハイブリッド車(HV)専用のセダン「SAI(サイ)」を改良して発売した。中央まで伸びるヘッドライトを採用するなど、内外装のデザインを一新。
標準装備だったナビゲーションシステムをオプションにするなどして、価格も税込み321万円からと、旧型より値下げした。

SAIは2009年に発売されたが、最近は、HVの車種が増えたために、月間販売台数は約500台と低迷していた。「シンプルなつくり」だった旧型から「今回は、一目みて格好いい車を目指した」(開発を担当した加藤亨主査)という。

燃費性能もガソリン1リットルあたり22・4キロメートルと改善。これまで60代以上が中心だった購買層の若返りを目指す。

生産はこれまで通りトヨタ九州の宮田工場(福岡県宮若市)が手がける。月間販売目標は2千台。同工場は高級車レクサスの「ES」などの生産が海外に移管されることが決まっており、SAIが生産規模の底上げにつながると期待される。

no title

http://www.asahi.com/business/update/0829/NGY201308290009.html
【この記事の続きを読む】

8コメント
800px-Suzuki_Alto_101

1: 名無し募集中。。。 2013/08/28(水) 06:12:22.15 0
安全性にやたらとうるさい今のご時世なら
5ナンバーも含めて普通自動車に統一するべきだと思うのだが

2: 名無し募集中。。。 2013/08/28(水) 06:19:44.90 0
一昔前の軽はもっとサイズ小さかっただろ
アルトワークスとかあのあたりな

3: 名無し募集中。。。 2013/08/28(水) 06:21:55.17 O
利権ですかね

軽自動車検査協会とか

4: 名無し募集中。。。 2013/08/28(水) 06:22:56.63 0
利権があるのか
じゃあ軽自動車税の大幅増税は回避できそうなのかな?

【この記事の続きを読む】

このページのトップヘ